【エトヴォス】リンクルクリームは硬い使用感!おすすめな使い方は?

展示会でエトヴォスのブースに立ち寄りました。

雑誌やSNSでも頻繁に目にするためとっても気になっていまして。

各種トライアルセットの説明を聞き、たるみや小ジワが気になる私はバイタライジングリンクルクリームを使わせていただくことになりました。ありがとうございます。

エトヴォス バイタライジングリンクルクリーム

エトヴォス バイタライジングリンクルクリーム
15ml 4,860円

エトヴォスはメイクの印象が強かったのですが、ブースの担当の方から、肌を守って強くするセラミドスキンケアと、負担をかけないミネラルメイク。この2本立てのブランドだということを教えてもらいました。

強くするというのは「失われやすい肌本来の機能を活かせるようにする」と理解しました。

セラミドは元々肌に存在する、バリア機能という肌を守るための成分で、どんな年齢&どんな肌質にも必要ですし、私も大好きです。

エトヴォスは代表の尾川さんご自身がニキビや肌荒れに悩まれた経験から生まれたブランドで、理念や成分、価格帯などに等身大の女性のニーズが反映されています。

だから幅広く支持されているのでしょうね。

ちなみに医学博士の高岡幸二さんが監修され、専門的なバックグラウンドがあることも重要なポイントかと。

そんなエトヴォスのスキンケアは、ヒト型セラミドをベースに敏感肌に寄り添う提案をしてくれます。

敏感肌の目元・口元の悩みに応えるクリーム

バイタライジングリンクルクリームは目元・口元用の部分ケアクリームです。

私の悩みといえば乾燥による小ジワ、弾力がなくなって刻まれた表情ジワ、年齢とともに主張してきたほうれい線。

と、まぁ数えたらキリがありませんね。「使ってみなさいよ」ということなんでしょう。

etvos バイタライジングリンクルクリーム

リンクルクリームといえば、まずは乾燥対策ですね。

効能評価テスト済みで、乾燥による小ジワを目立たなくする効果が認められています。

ハリには「アルテロモナス発酵エキス」というフランス大西洋の海洋性プランクトン由来の成分が。高い栄養があり、ピタッと密着するのが特徴だそうです。

さらに自活に働きかけるのはアルガン幹細胞とリンゴ幹細胞エキス。どちらも年齢肌に活力を与えてハリをもたらします。

補うことと同じくらい活性化したい。40代になって色々な場面でそう思うようになりましたね。

記憶力とか体力とか筋力とか。。重力にももう少し抗ってみたい。とか。

ただ、目元や口元は皮膚が薄い場所なので、敏感肌や不安定な季節は慎重になってしまう人もいますよね。

敏感肌が安心して使える低刺激処方

エトヴォス バイタライジングリンクルクリーム 使い方

バイタライジングリンクルクリームは、敏感肌でアイクリームを躊躇してしまう人でも使えるよう6つの成分が不使用です。

パラベン、シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、タール系色素

また数種類のヒト型セラミドをはじめ、2種類のヒアルロン酸がふっくらした目元に整えます。

ヒト型セラミドやヒアルロン酸は低刺激な保湿成分としても知られていますから安心感が違います。

使ってびっくり超濃厚!

そうなるとどんな使用感なのかが気になります。

容器はプッシュ式のエアレスポンプで、最後まで新鮮なまま使えます。

シンプルで洗練されたデザインがとっても素敵。

使い方

朝晩のお手入れの最後に使います。

夜は1プッシュを目元とほうれい線に点置きし、優しくなじませます。

目元のシワをのばして塗り込むのがポイント。

朝は少量にするとメイク崩れを防げます。

エトヴォス バイタライジングリンクルクリーム 使用感

出してみてびっくりしたのが濃厚さです。

コクがあるとかを通り越して「硬い」です。シアバターとクパスバターが配合されているせいか、超濃厚なアイクリームといえますね。

ケーキでいうバタークリームに似ていて垂れることはありません。

塗り広げるというもよりも「点置きしてなじませる」という使い方がまさしくぴったりです。

メイクでシミを隠すのに硬いコンシーラーを使ったりしますが、あんな感じでピンポイントに留まります。

他にはないしっとり感で夕方の笑顔が怖くない

使って感じたのは高い保湿力です。

1プッシュだと余るほどで夜は厚めに塗っていますが、皮膚の薄い目元、ちりめんジワがよりやすい口元をしっかりガードしてくれます。

しかもしっとり感が続くので、夕方のパサつきや笑いジワを気にしないで過ごせる日が増えました。

これがかなり嬉しい!!

笑うときにちょっと目元を隠したり拭ってみたり。そんな時が多いので。分かってくれる人、いるかしら??

 

あぁ、これはどんな使い方をしようか想像が膨らみますね。

例えばエトヴォスをライン使いしていない場合でも。

化粧水や美容液など、水分多めでふっくらさせるのが得意なアイテムとは、しっかり留まるから相性が良いと思います。

保湿力が持続しない冬場にも、セラミドたっぷり濃厚クリームなら強い味方になってくれそうです。

反対にみずみずしくてパンッとするような使用感を求めるなら向かないですね。

使ってみてちょっとコツというか、ここに気をつけようと思ったのは、前に使うスキンケアをしっかりなじませることです。

硬いクリームなので水分が肌に残っていると表面をすべってしまい密着しません。「シワ」という点に対してぴったり密着させることが大切に思います。

すっかりこのテクスチャーのファンになりました。

余談ですが、贅沢にフェイスクリームとして顔全体に使ってみたんですよ。そうしたら使用感がはっきり分かるかな、と思いまして。

目元って狭いですからね 笑

もうね、もちもちでした。濃厚なのにべたつく感じがなくて、ある程度すると肌の表面が落ち着いて、密度のある仕上がりになりました。

目元もこんな風になっていると思うと、とっても頼りになるリンクルクリームだと感じます。

実はエトヴォスの独自処方で、段階ごとの使用感が設計されているんですよ。

使用後→翌朝→1ヶ月後

使用感の変化が楽しめるなんて、センスあると思いませんか?

エトヴォス バイタライジングリンクルクリーム
30日間返金保証や定期購入割引など、購入しやすいサービスがあります。

トライアルセットが充実している

エトヴォスはスキンケアだけでなくミネラルメイクやヘアケアなど、商品展開が豊富でトライアルセットも充実しています。

トライアルから試すのも良いですね。

≪14日間お試し≫エイジングライン トライアルキット

モイスチャーライントライアルキット