ファイトロックス化粧品【フコキサンチン】スキンケア3点使ってみました

海の恵みで美肌へ。フコキサンチンという希少な成分をご存知ですか?

株式会社ファイトロックスのモニターに参加させて頂き、スキンケア3点を使いましたので、感想をお届けします。

まずはフコキサンチンって何??ってことです。初めて知りました。

アスタキサンチンの仲間? それともフコイダンの仲間? 少し調べてみたところ、どちらにも近いようで同じではありませんでしたよ。

フコキサンチンって何?

フコキサンチンは「海のカロテノイド」とも呼ばれる赤色の抗酸化物質です。

サプリメントなどで摂取して、若々しいカラダ作りや肥満予防などで活用されていますが、美肌にも良いそうで。

確かに高い抗酸化力があるなら頷けます。

ファイトロックス公式サイト

フコキサンチンはワカメや昆布などに含まれますが、海藻100kgから1gくらいしか抽出できないそうです。

う~ん、ワカメをたくさん食べて補うことは諦めます。

ファイトロックスはケイ藻から大量培養に成功!

どんなに良いものでも、あまりに希少では日常的に取り入れられませんよね。

ファイトロックスは、最先端技術によってケイ藻から大量培養することに成功し、安定供給を叶えます。

そのファイトロックスのスキンケア「F+フコキサンチン」は、肌の抗酸化力を高めてくれるような成分でできていました。

2週間ほど、3点を使ってみましたので、肌の変化などをお伝えしますね~

リバイタライジングローション

共通成分はフコキサンチン以外にプロポリスやフコイダン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸があります。

私が注目したのは抗酸化力が高いプロポリス!海のフコキサンチンと植物のプロポリス。

どちらも肌を強くして、トラブルから守ってくれそうな気がします。

ボトルは丸みのあるフォルムで、セミマットな手触りです。

120ml 5,000円(税別)

使い方

適量を手やコットンにとり、顔全体に優しくてなじませます。

見てください!この黄色。カロテノイドが色素だということがわかります。

それと驚いたのは香り。においというのか。

香料無添加で、独特の香りがあることは案内がありましたが、けっこう強烈です。

フコキサンチン自体の香りがどんなものか分からないけれど、プロポリスの香りをくっきりと感じます。

天然の香りだから嫌いじゃないし慣れましたが、好みは別れるかもしれません。

化粧水はまろやかですが、とろみが少なくシャバシャバです。なじむと肌がピタッとくっついて、密度が濃くなるような感じがしました!

リバイタライジングセラム

セラムには植物発酵LPSが配合されていて、年齢とともに低下するバリア機能を整えて滑らかな肌に。

他にオーガニックハーブエキスも配合された濃密美容液です。

美容液はサンプルを取り寄せることができますよ。

30ml 8,000円(税別)

使い方

化粧水の後、適量をなじませます。重ね付けもおすすめです。

とろみが強い美容液で、フコイダンやヒアルロン酸が濃厚なのかな?と想像しました。

そして綺麗な黄色。

ややペタッとしますが、みずみずしい保湿力が続きます。

リバイタライジングクリーム

クリームは軽くてのびが良いのが特徴です。ふっくらとした柔らかな素肌に。

30ml 10,000円(税別)

使い方

化粧水と美容液で整えた後、適量をなじませます。マッサージにも。

↓ ゆで卵じゃないですよ笑 見事な黄色。オレンジ色ですかね。

フコキサンチンが色素というのがよく分かります。

そして、こんなに色がくっきりしているなら、たっぷりと配合されているのでは?という期待感も持てますね。

クリームはすごく柔らかくって、少量でも肌のすみずみまで行き届きます。

化粧水と美容液をしっかり使えばクリームは少しでも、しっかり保湿されました。

3点を使ってみて

まず塗った直後の肌の色が、やや黄色っぽいことに驚きました。というか、笑っちゃいました。

みかんを食べ過ぎたような顔色で。私はイエローベースなので、色味が近いといえば近い気がしますが、ブルーベースの人とかどうなんでしょう。

抜けるような透明感よりもコントロールカラーを使ったような感じ。その後はなじむからか、メイクに影響は感じませんでしたのでご安心を。

フコキサンチンは油溶性の色素なので、衣類に着いたら洗剤を使って落とすと良いかも。

2週間ほど使ってみると、肌の密度が高くなったような感じがしました。

奥から膨らむとも、表面が引き締まるとも違う、隙間が埋められたような滑らかさが出てきまして。

特に化粧水が好きですね。すべすべを感じたい人はぜひ。

F+フコキサンチンスキンケア 3点セット

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする