スイスの幹細胞コスメZOE(ゾエ)デイクリーム&アイクリームを試してみました

ブルームボックス7月分に入っていた、スイスの幹細胞コスメZOE(ゾエ)のデイクリームとアイクリームのサンプルを使ってみたので、使用感をお伝えします。

@cosme shopping
スイスのコスメっていうと、エイジングケアに先端技術が採用されているイメージがあります。

私はゾエをブルームボックスで初めて知りましたが、どんなコスメなんでしょう。

幹細胞の原料メーカーのコスメ

ゾエは「リンゴ幹細胞由来成分」を配合したコスメです。

しかも世界で初めてリンゴ幹細胞を抽出し、培養に成功した原料メーカーの化粧品というからちょっと驚きます。

まだ日本での知名度はそれほど高くないような。

幹細胞って何がいいの?

エイジングケアコスメに配合されるようになってきた幹細胞エキス。

肌の生まれ変わりは28日周期といわれますがそれは20代の肌で、30〜40代では45〜60日になるそうです。

新しい細胞を作るのが幹細胞の役目。年齢とともに遅れがちなターンオーバーをサポートし、若々しい肌を保つために幹細胞エキスが注目されています。

年齢とともに肌代謝が遅くなることは何となく想像できますが、20代の2倍とは。。

切り傷が治りにくくなってきたり、日焼け跡がいつまでも残ったり、実感することが増えました^^;

高機能コスメをお手頃価格で

ゾエの開発元はリンゴやアルガン、アルパインローズやブドウなど、様々な植物から幹細胞成分を開発し、ヨーロッパのアワード受賞、特許取得もしているほど信頼されているようです。

元気な肌への期待が持てるゾエ。それに加えて価格が手頃なのが更に嬉しいところです!

デイクリーム(日中用クリーム)30g 2,400円(税別)

リンゴ幹細胞成分のほか、球体パウダーやUV対応成分が配合されたデイクリーム。

潤いを保ち肌の凹凸をカバーし、化粧下地の働きも持っています。

使い方は朝、化粧水や美容液で整えた肌に適量をなじませます。

テクスチャーはみずみずしくて、乳液とクリームの中間みたいなやわらかさ。

なじむと表面のベタベタしないのが良いですね!メイクしやすい軽さがあります。

濃厚なクリームほどの保湿力はありませんが、時間がたっても粉ふきしたりしませんでした。

UV対応についてはSPFやPA表記がないだけに、どれほどの効果かちょっと疑問が残りますかね。

アイクリーム(目元用美容液)15ml 2,400円(税別)

リンゴ幹細胞エキスが肌の活性をサポートし、ヒアルロン酸が乾燥しがちな目元に潤いとハリを与えます。

使い方は朝晩、お手入れの最後に小豆大を目元や口元になじませます。

ジェルっぽいテクスチャーのクリームで、小ジワに入り込んでなじみやすいです。

塗った直後は肌をベールで保護された感覚で、乾燥の持続はほどほどです。

ちょっと香りが独特で、何の香りなんでしょう。ニッキみたいな?ツンと鼻に残るのは好みが分かれそうです。

アイクリームはメイクの上からも使えるから、こまめに塗り直して使うのに良さそうです。

ゾエのおすすめな点

サンプルを3回ほど使った程度なので、使用感しかお伝えできませんが、ゾエの特徴はリンゴ幹細胞成分に絞ってある点だと思います。

シンプルに「肌を元気にしよう!」というコスメですから、オールインワンとかの多機能が好きな人には不向きかも。

化粧水や美容液で欲しい成分を補いつつ、リンゴ幹細胞エキスをお手頃価格で取り入れるのがおすすめかなーと感じました。

ZOE of Switzerland

ブルームボックスは自分の肌質などのプロファイルに合った商品を 、4〜5種類入れて毎月届くサプライズボックスです。

1,620円で現品や新商品をワクワクしながら試してみたい人におすすめです。